小児歯科

当院の小児歯科への考え方

歯科医院に対して苦手意識があるお子さまも、安心して治療を受けていただいております。
というのも、お子さまに「歯医者さんは怖くない」ことを知ってほしいという当院の思いがありますので、
上手く治療が出来ないお子さまには、無理矢理治療せず、少しずつ慣れていただくことから始めます。

機能的・審美的に優れた口腔(歯・歯ぐき・顎の大きさ)を得るためには、
まずは小さい内からの歯のケアが大切です。

乳歯は生えかわるからと治療に積極的でない保護者さんも中にはいらっしゃいますが、
乳歯にむし歯が多いと乳歯から永久歯にむし歯菌が感染し、むし歯を作ることになります。

また、永久歯の形や色調が悪くなることや、
早く乳歯が抜けてしまうと永久歯の歯並びが悪くなることがあります。

お子様の歯のことで気になることがございましたら、
当医院の小児歯科医 保富貞宏まで遠慮なくご相談ください。

小児の歯と成人の歯の違いをご存知ですか?

小児の歯と成人の歯の違いをご存知ですか? 成人の歯の表面はエナメル質と呼ばれる強い層でおおわれています。

ところが、お子様の乳歯や生えたばかりの永久歯はこのエナメル質が充分に出来ておらず、
虫歯になりやすい危険の大きい時期にあるのです。

そこで当院では、小児には虫歯予防として、シーラント処置フッ素塗布を積極的に行っています。

●シーラント処置
虫歯になりやすい所としては、奥歯の噛み合わせの部分があります。そこは凹凸としており、
凹んでいるところは複雑で細かい溝がたくさんあり汚れがたまりやすく、
ブラッシングしてもかき出すことが難しくなっています。
そこで、奥歯の溝やくぼみを清掃し、歯を削ることなく特殊な材料で封鎖する方法を、
シーラント処置といいます。
●フッ素塗布
乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯菌に対して感受性がとても強くなります。
また、これと同時に歯質を強化するフッ化物に対しても感受性が高くなる時期なのです。

そこで当院では、できるだけお子さまには定期的に来院して頂き、フッ素塗布をすすめています。
虫歯の程度が小さな場合には虫歯の部分を削って、歯科用のプラスチック性の材料でつめて治すことができます。

虫歯の程度が大きな場合ですと、麻酔が必要になってきます。
この際、麻酔をする前に必ず表面麻酔をしますので、ご安心ください。

歯に関するご相談・お問い合わせは、お気軽にご連絡ください。
メール相談
医院のご案内
よくある質問

〒590-0143
大阪府堺市南区新檜尾台3丁目6-8072-294-1616

患者様がお住まいの主な地域

堺市南区、堺市中区、堺市東区、堺市西区、堺市北区、堺市美原区、高石市、和泉市、狭山市、その他の地域からもご来院いただいてます。

仕事と介護の両立に取り組んでいます