むし歯治療

当院では自分の歯を残すことを考えた治療を行います。

当院では自分の歯を残すことを考えた治療を行います。 歯を守ることは、一生を見据えた健康の要ですので、
当院では自分の歯を残すことを考えた治療を行います。

歯がなくなると、食べ物が限られ、
栄養のバランスを保つのに苦労することになります。

保富歯科医院では、なるべくご自分の歯を残すことを念頭に置いています。

しかしながら、治療が手遅れの場合は、歯を失うことにもなりかねませんので、
虫歯や歯周病は、早めに治療を受けられることが大切です。

痛いとき、しみる時、つめものが外れたときなど、
皆様のご都合やご希望にできるだけ応じた治療を行っております。
スタッフまでお気軽にご相談ください。

むし歯について

むし歯は細菌の感染症です。

「むし歯の治療は削って詰めること」と考えがちですが、
それと同等以上に「お口の中の状態に合わせたブラッシングを続けること」が重要です。

悪くなったら治療するということの繰り返しでは詰め物の大きさがどんどん大きくなってしまいます。
むし歯は少しでも初期のうちに、 歯科医院にかかることが大切です。

皆様のご希望に添える歯科治療ができるように、 努力してまいりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病について

(1)歯周病とは

歯周病とは 歯の表面に付着した汚れ(歯垢)をそのままにしておくと、
歯の周りを包み込んでいる歯肉に、炎症が起きてきます。

歯肉は色が赤くなり、ぶよぶよと腫れてきて、ちょっと歯ブラシがふれても
簡単に出血するようになります。
この状態が歯肉炎です。

この歯肉炎を放置しておくと、症状はさらに進み、歯を支えている骨(歯槽骨)を少しずつ破壊し、
歯はぐらぐら動くようになり、やがては抜けてしまいます(歯周炎)。

歯肉炎と歯周炎を合わせて歯周病といいます。

(2)40歳以上の歯の抜ける原因の大多数は歯周病です。
歯を失う原因としては、虫歯と歯周病によるものが大多数を占めていますが、
近年は歯周病によるものが増えています。
(3)毎日のケアが大切です。

歯周病の原因は歯ぐきの奥に潜む細菌です。
ブラッシングにより歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことで細菌は減少します。

また、歯垢は時間とともに歯石に変化しますが、歯石は細菌の増殖を助けます。
歯石を付きにくくする方法の一つは適切にブラッシングすることです。

歯に関するご相談・お問い合わせは、お気軽にご連絡ください。
メール相談
医院のご案内
よくある質問

〒590-0143
大阪府堺市南区新檜尾台3丁目6-8072-294-1616

患者様がお住まいの主な地域

堺市南区、堺市中区、堺市東区、堺市西区、堺市北区、堺市美原区、高石市、和泉市、狭山市、その他の地域からもご来院いただいてます。

仕事と介護の両立に取り組んでいます